About me

“世界一周。それも、なぜ自転車で始めようと?――

その問いに、私は未だに答えに困る。
それは、私自身にも何故なのか、分かっていないからだ。

自転車で世界一周を開始してもう2年が経つ。
これまでにアメリカ大陸とヨーロッパを4万キロ走ってきた。
それでも尚、答えが分からないでいる。

 

あえて答えを付けるとしたらこうだろうか。
“だって、面白そうじゃん?”

思い返してみてほしい。
人間、何かに打ち込む時の理由は、だいたいはそんな単純なものじゃないだろうか。
あなたが今熱中している趣味も、仕事も。
私にとっては、それが自転車旅行だっただけのことなのだ。

そんな単純な理由から始まった自転車世界一周はしかし、
2年が経過した今も、その面白さで私を捕らえて離さない。

“汗臭くて、しんどい自転車旅行のなにが面白いの?――”

そう思ったあなたは、もうその理由を知っている。
汗臭さとしんどさこそが、自転車旅行を最高に面白くさせる要素なのだから。

ゴツゴツとした大きな岩が転がる山道。
タイヤが埋まり、押してもびくともしない砂漠。
汗にまみれ、痛む体に鞭を打ち、「もう二度とこんな所来るか!」と、
悪態を付きながら進む。

そうした末に、山の頂上に辿り着く。砂漠の切れ目に辿り着く。
それまでの苦労から一転、ふっと爽やかな風が身体を吹き抜ける様な感覚を覚える。

その感覚は、達成感や幸福感、征服感が入り混じった物と言えるだろうか。

 

観光地を、点を打つ様に移動するバスや電車、飛行機での旅行。
自転車旅行は、その点に線を引いて行くような旅行だ。
バスや電車旅行では出会わなかったはずの人々や風景と、その線上で出会うことができる。

汗のべっとりした感覚。
足に残るペダルの重み。
砂埃の匂いや強風の発する音。

人々や風景と出会う前に感じたそれらすべてが、その出会いをより一層特別な物にしてくれる。
垢の様に脳にこびり付き、何時までも鮮明な記憶として残し続けてくれる。

その爽やかな感覚を、鮮明な記憶を求め続け、私は汗を流して自転車で世界を走り続ける。

2018年9月
沖野 直嗣