ステッキ状のキャンディ~Vaderstadまで

Gnosjo北30km~Vaderstad
4/25 (705days)

4/25

この日は雨こそ降ってないものの、いつ崩れてもおかしくなさそうな曇り空。
それでも野宿した場所から程なくして一般道に復帰し、アスファルト舗装になったため、順調に進んで行く。
IMGP5658

11時半頃、大きめの都市・Jonkopingに到着。
スーパーで買い物をするために立ち寄ったのだが、卵の値段がドイツ、デンマークと比較してウンと高くなったな!とびっくりした。

同様に、ウィンナーがウンと安くなったな!とこれまたびっくりした。
今後は主食はウィンナーを含めた加工肉になりそうだ。

鉄道駅の構内にあるカフェ兼観光案内所で水をもらい、公園のベンチに腰掛けて昼食を食べてから出発する。
ヨーロッパでは観光案内所が大体どの街にもあるため、水の補給やらフリーWifiを拾うのが容易で非常に助かる。

IMGP5660

Jonkopingの出口にあった巨大モニュメント。
何の案内看板もなく、中央分離帯にドーンと置かれている。
こんなもん、夜に車運転してる時に見たらチビる自信あるわ。

IMGP5665

Jonkopingを出てからは天気も回復。
風景は退屈ながらも、青空が広がっているというだけで気分が高揚してくる。

自転車旅行において最も重要な要素は「快晴」に尽きると思う。

IMGP5667

途中、小さな町を通過したのだが、この町のメイン通りにはずらっと土産屋が並んでいる。
どの土産屋も、クリスマスと言えばこれでしょ!でお馴染みの、ステッキ状のキャンディーを売りにしている。

IMGP5669
IMGP5672

中には製造過程を見ることができる土産屋もあったりして、この小さな町の一大産業の様だ。
「お土産に一本買おうかな」と一瞬思ったが、試食の物で満足したため購入には至らず。

海外特有の、キャンディーをミント味に仕立てるのがどうも苦手なので。

後で調べた所、このステッキ状のキャンディーがこの町発祥という訳でもなかった。
なんでこのキャンディーをここまで押すんだろうか。

IMGP5670

しばらく走った所で、どうやら州が変わったらしい。
やたらカッコいい境目看板だな。

どうやらOster Got Land州に入った様で。

IMGP5674

州が変わってから風が吹き始め、しかも運がいいことに追い風。
快晴に追い風とは、自転車旅行お楽しみ欲張りセットですな。

IMGP5676

風力発電機がたくさん並んでいるのを見るに、どうやら普段から風が強く吹く地域らしい。

IMGP5677

追い風を受けてガンガン進み、18時半頃にVaderstadの街に到着。
郊外にかなり手入れされた、国有林と思われる森があったため、ここで野宿。

IMGP5680

ウッドストーブを作ったものの、中々晴れた日がなくて活躍の場がなかったのだが、この日は自炊に初投入。
・・・使ってみた感想は、まぁ~時間が掛かる。
調理に2時間掛かるのは中々しんどい。

使う前から「時間が掛かるだろうな」とは思っていたけど、こりゃご飯も炊いてオカズも作ろうというのは厳しいな。
この日は炊き込みご飯だったから良かったけど。

飽くまでもお楽しみグッズとして考えるのがよさそうだ。

IMGP5682

(Gnosjo北30km→Vaderstad)

コメント

  1. 素晴らしい。別世界です。ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です