川沿いは時に退屈~Kölnまで

Koblenz~Köln
4/9 (689days)

4/9
南米にいるころは「ヨーロッパはまだ寒いかな?」と心配していたのだが、実際には朝は冷え込むが、日中は半袖でも過ごせる。

ただ、雨が降るとかなり寒い。
この日の朝は雨こそないが、曇り空で陽が照っていないため、かなり涼しい。
ウィンドブレーカーを着て、走り始める。
IMGP5299


ドイツという国だが、単純な走行という点においては非常に走りやすい。
ドイツでは高速道路(速度無制限で有名なアウトバーン)が自転車は走行禁止のため、一般道路を走る事になる。

その一般道路の脇、もしくは完全に独立した形で、必ず自転車道が設置されている。
そのため、車から受ける騒音、風圧といったストレスを感じることなく走ることができる。

ただ、「自転車旅行での走行」という視点で見れば、不満はあったりするのだが・・・これに関してはまた別の記事で。
IMGP5304
 さて、ここからは本編へ・・・と言いたいところなのだが、この日の走行も初日と変わらずライン川沿いを走ることとなる。

はっきり言って、川沿いの風景は初日の時点でとうに飽きてしまっていて、走っていても全く退屈で、写真もほとんど撮らずに一日を終えてしまった。

アメリカ大陸を約2年掛けて走って、かつアメリカ大陸を離れてみてようやく分かったのだが、私が自転車旅行に求める要素というのは「雄大な自然の中を自転車で走る」ことが最も大きなものになるらしい。

ドイツもまぁ悪くないのだが、アンデス山脈やパタゴニアに比べると、刺激がちと弱い。

じゃあ何でまたヨーロッパに来たのよ・・・と思われるかも知れないが、そんなもんアメリカ大陸に居た時には気付かなかったから仕方がない。

いや、先が思いやられる・・・。
私がヨーロッパで走行中に真に楽しいと思えるのは、恐らくは北極圏を越える辺りからだろうか。
IMGP5150
ということで、今回は前日に郊外で野宿したKoblenzの街の紹介を。
Koblenzには、実は自転車無しでArthurと一緒に観光しに来ていたので、その時の写真を使って。

Koblenzはライン川とモーゼル川の合流地点に位置する都市で、絶えず大型のタンカーや客船が行き来している。
IMGP5206
歴史地区には古い建物が多く残されており、多くは無いが時折ガイドがツアーの客を引き連れていたりして、結構な賑わいを見せている。
IMGP5163
IMGP5179
教会もかなり古い物が残されている。
ドイツではプロテスタントの勢力が強いのかな?と思っていたのだが、実際のところはカトリックの方が信仰している人口は多いらしい。

南米では、教会は大聖堂がひとつ、街の中心部に置かれていた。
規模が都市としになると、大聖堂が複数あるが、それぞれ離れた所にある・・・というイメージだった。

ドイツでは、街でも大きな教会が複数あり、かつその距離が非常に近接している。
そして教会はどの建物よりも立派で高く聳えているので、遠くからでも非常に目立つ存在となっている。

走行前、Frankfurtでの長期滞在中、教会で偶然にもミサをしている所を見ることができた。
南米でも何回かミサを見学したのだが、南米では神父は教徒に対し、力強い言葉で教えを説いていた。

ドイツでは、神父はまるで歌うかのような口調で教えを述べ、教徒も神父に続いて歌うように反復していた。
もしかしたらその教会だけの習慣なのかもしれないが、その違いは結構興味深く、印象に残っている。
IMGP5155
IMGP5171
Koblenzには、いくつか面白い銅像が立っている。
IMGP5176
数分おきに、口から水をぶっ掛けてくる小僧。
IMGP5178
絶えず水をぶっ掛けられている小僧。
IMGP5184
以上、Koblenzの紹介で、この日は104キロ程走り、大聖堂でお馴染みのKöln(ケルン)の郊外の森林で野宿をした。

ちなみにこのドイツからテントが変わり、これまでのmontbellのムーンライトⅡ型から、タスマニアンタイガー社の非自立式テント(ドイツ軍が以前採用していた物)に変わっております。

本当は自立式が欲しかったのですが、かくかくしかじかでこのテントを買わざるを得ない状況になり、ほとんど仕方なく買ったのですが・・・
思った以上に中は広く、特に迷彩柄は野宿するのに目立たないため、結構気に入って使っています。

問題は前室がほぼ無いに等しいため、今後雨が降った時に自炊がどうなるか・・・という点でしょうか。

こんな感じで森と闇に紛れられるため、結構気に入ってます。
IMGP5311
(走行ル
ート:Koblenz→Köln)

コメント

  1. 素晴らしい。今後も期待します。頑張ってください。

  2. 2週間もお友達のお宅に居たんですか!?自転車旅行開始時に知り合った人なんですね(^-^)足止め食らっちゃったけどこれもまた思い出ですね!童話に出て来そうな街並みですね。ドイツって。ライン川沿い走行面白くないんですか(^^;何処に居ても人間は文句?出ちゃうんですかね(笑)ヨーロッパ編どんな旅になるんですかね😁テントの写真、怖い…野宿してるんですもんね!未だ信じられない(^^;
    とにかく楽しんで下さい❗

池田 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です