Y(4) O N S E N~Aguas Calientesまで

Combapata~Aguas Calientes
11/3 (532days)

11/3
部屋の鍵がなく、窓から侵入しないと入れない安宿で独房の様な狭さだったけれども、朝にキッチンを使わせてもらえたためゆっくりとコーヒーブレイクを楽しんだ。

Cusco滞在中はそうだったのだが午前中は晴天で、大体15時くらいから雲が立ち込めて18時くらいまで雨が降っていた。
この辺りもそのようで、その昨日は夕方以降は雨だったのに、朝は雲がほぼない晴天。
RIMG8421

晴天の中、川に沿って小さなアップダウンの道を進んで行く。
IMGP1164
IMGP1168
この辺りは夕方には雨が多いためか、川を流れる水量も多い。
水の色も、標高が高いからかかなり綺麗な色をしている。
そういう好条件が重なっていることから、回りを囲むのは水田や畑が多い。
IMGP1171
IMGP1170
暑くもなく、ちょうど良い気温で天気も良く、走行に最高の条件が揃っている。
この時点で標高3200メートル程。
これくらいの標高ならまだ全然低いという感覚でいるのだが、やはり山岳部の走行は気持ちがいい。
しかし3000メートルで低いと感じるのは、完全にペルー山岳ルートに毒されているな。
IMGP1175
IMGP1183
道に並行するように線路が通されているのだが、鉄道が通ることは一日の内2回見る程度だろうか。
そのため、線路の上を人や家畜が結構横断しているのを見かける。
IMGP1179
IMGP1182
11時前、Sicuaniの街に到着。
街の入り口で紙地図を見ていたら、後ろから来た濱さんとバッティング。
一緒に昼食を取り、そのままの流れでペアランとなる。
RIMG8423
後から知ったのだけれども、11月1日から11月3日まで、メキシコでは有名な「死者の日」と似たような祝日にペルーも入っていたらしい。
Sicuaniの街も民族衣装を着てパレードしている人々の姿が目についた。
どうりでCuscoを出発してからレストランもホテルも開いていないことが多かったわけだ。
RIMG8422
Sicuani以降、上り坂が本格的に始まり、線路沿いに道はどんどんと標高を上げていく。
IMGP1192
まだまだ上げていく。
IMGP1196
まだまだまだ上げていく。もういいよ。
IMGP1204
標高が4000メートルに突入した頃、ようやくそれっぽい施設が見えて来た。
IMGP1209
IMGP1210
そう、温泉です。
ここに来たいがためにCusco脱出初日に110キロ走り、この日もスタート地点の街から標高を1000メートル近くも上げて上ってきたのです。

標高4000メートルで温泉。
Y(4) O N S E N。
最高じゃあないですか。
RIMG8434
RIMG8431
この温泉、宿泊施設も併設されているのだが、受付に「一泊で頼む」と言うと「今ここに鍵がない。鍵を持ってる従業員がどっか行ったから1時間待ってくれ。」という。

濱さんと受付横のベンチに腰を掛け1時間、そして1時間半・・・。
全く事が進展しない。それどころか雷を伴った嵐になってきた。
その件の「鍵を持っている従業員」とやらは現れないし、受付の2人いる従業員は探そうともしない。
RIMG8435
業を煮やした我々が受付に「お前さっきから仕事してないよな?鍵探してないよな?」と詰め寄ったところ、よう
やく受付が他の従業員に「鍵を持っている奴を探してくれ」と依頼したらしい。

その後10分で鍵が即座に受付に持ち込まれた。
どうなっとんのじゃい!

何はともあれ無事宿泊施設の個室に2人で30ソル、一人15ソル(約510円)で落ち着くことができた。
荷物を部屋に置けば後は湯船に直行。

日本以外の国はどこもそうだろうが、ペルーも御多分に漏れず水着着用での入浴となり、どちらかと言えばプール扱いされている。
しかし水の表面からはもうもうと湯煙が立ち込めており、ゆっくりと足から入ってみるとやはり紛うことなき温泉様である。

雨は降っているけれども堪らんです。
RIMG8427
ペルー人からしたら「温かいプール」扱いのため、ビーチボールを持ち込んだり飛び込んだりと、それはもう好き放題やっていらっしゃるのだが、それは水温の温い浴槽での話。

水温の熱い浴槽は彼等には「熱すぎる」のだが、我々日本人からすれば「最高の湯加減」なのであり、広い浴槽は貸し切り状態となって楽しむことができた。
RIMG8432
もちろん夜だって入ります。
RIMG8430
調子に乗りすぎたのか、湯上りに飲んだワインはたった1杯程で私をほろ酔い気分にさせたばかりか、しばらくベッドから動けなくなる程体に染みわたる強烈さだった。

標高4000メートルでの温泉は最高であり、標高4000メートルでの飲酒はダメ、ゼッタイ。

(走行ルート:Combapata→Aguas Calientes)

コメント

  1. 温泉は何処で入っても最高なんですね♨
    のぼせるから呑んで入るの気を付けて下さいね(^^;(笑)

池田 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です