世界遺産都市・サカテカス

Zacatecas(サカテカス)
12/4~12/5 (198~199days)

Zacatecasはその中心部である歴史地区が世界遺産として登録されている都市である。
1546年に都市が建設され、都市内にある鉱山(El Eden)からは金と銀が採掘され、大いに栄えた。
最盛期には、世界全体の銀の産出量の20%が、ここZacatecasから採れたという。
IMGP4875


久しぶりに観光地、しかも世界遺産に辿り着いたため、数日休養を兼ねてZacatecasを敢行することにした。
Zacatecasは市街地全体が世界遺産に登録されているため、ただ歩いているだけでも全く退屈することがない。
IMGP4906
IMGP4642
IMGP4662
メキシコは1810年から1821年にかけて勃発したメキシコ独立革命に勝利するまで、スペインの植民地であった。
Zacatecasも1811年に反乱が起きるまで、同様にスペイン人の支配下であった。
その影響からか街並みはヨーロッパ調の様に感じる。
IMGP5001
IMGP4999
IMGP4674
街中には公園がいくつかあり、どの公園も緑が豊かで非常に爽やかだ。
中には独立革命の記念碑として設立されたものもある。

街は多くの店でごった返していて、落ち着いた雰囲気ながら活気づいている。
レストランも多く、ご飯に困ることはない。
RIMG3109
RIMG3111
RIMG3121

夕方以降になると街全体がライトアップされる。
暗い風景の中に建物がボヤーっと浮き上がる様は、昼とは様相が全くことなり、まるで童話の世界にいるような気分にさせられる。
IMGP4909
IMGP4652
IMGP4914
IMGP4944
IMGP4934
IMGP4941
IMGP4935
IMGP4926
市街地の背後には小高いBufaの丘が聳え立っている。
観光シーズンにはEl Eden鉱山の近くからロープウェイが通っているようなのだが、9月から12月は残念ながら運行していないようだ。
仕方がないので歩いて頂上まで行ってみた。大体40分程で登ることができる。

頂上からは、Zacatecasの歴史地区を一望することができる。
IMGP4884
ここBufaの丘は、1910~1920年に掛けて勃発したメキシコ革命(上述のメキシコ独立革命とは別物)において、1914年に革命軍と連邦政府軍の激戦が繰り広げられた、兵どもの跡地であるとのこと。
革命軍の3人の将軍の銅像が陳列されている。
IMGP4889
IMGP4891
IMGP4894
また、頂上には教会が、市街地を見下ろす様な形で設置されている。
IMGP4878
IMGP4879
頂上だけでなく、市街地にもいくつも教会が設置されている。
どの教会も周囲の建物より高く建設されており、如何に当時のキリスト教会が力を持ち、影響力があったのかが伺い知れる。

街中心部にあるCathedral
IMGP4685
IMGP4689
RIMG3104
Church of Sant Domingo
IMGP4963
IMGP4961
RIMG3117
RIMG3116
RIMG3119
Parroquia de Nuestra Señora de Fatima
IMGP4993
IMGP4984
IMGP4977
IMGP4975
IMGP4991
個人的にはこのParroquia de Nuestra Señora de Fatima が一番美しかった。
訪れた時間がよかったのだろう。朝の日差しがステンドグラスを照らし、そのステンドグラスから教会内部を薄い紫色の光が優しく射しこんでいた。
その様が、まるで甘い匂いが目に見えるようになったかの様に感じた。

そして更に個人的にお勧めなのが、Rafael Coronel Museo(ラファエル・コロネル博物館)。
IMGP4868
IMGP4705
画家、ラファエル・コロネルの収集品を陳列した博物館で、メキシコ各地の民芸品やアンティーク品が集められている。
そして、その収集品のメインが、何千もの数に上る「仮面」なのだ。
IMGP4774
IMGP4773
IMGP4770
IMGP4790
IMGP4760
IMGP4781
IMGP4755
IMGP4763
IMGP4729
IMGP4753
IMGP4738
IMGP4785
IMGP4743
仮面以外にも、マヤ文明の時代の土器や飾り物、操り人形等が陳列されている。
IMGP4815
IMGP4845
IMGP4848
IMGP4850
IMGP4854
自分勝手な偏見で大変恐縮なのだが、自分は中米や南米の人間は大雑把で適当なものである、とイメージを持っていた。
しかし土器や、特に操り人形の顔を見ていると、どうもメキシコ人に対してはその認識は間違ったもののようだ。
どの人形も非常に精巧に顔の表情が作り込まれていて、中には体温まで感じるのでは?と思わされる程に表情豊かな物まである。
IMGP4825
IMGP4839
IMGP4826
IMGP4837
IMGP4827
Rafael Coronel Museoは16世紀までフランシスコ修道院として使われていたらしく、今は廃墟のような佇まいの中で博物館のルートが取られているのも非常に良かった。
IMGP4692
IMGP4718
IMGP4719
IMGP4797
Zacatecasはのんびりとした空気が流れており、結局3泊してしまった。
ホテルの居心地も良く、気を許すといつまでも滞在してしまいそうな程だ。

しかしそこは自転車旅行者。常に同じ場所にはいられない。
次の目的地、Guadalajaraへと明日から向かう。

コメント

  1. アイスですか!?美味しそう(^-^)
    ライトアップされた町!歩きたいですねぇ☆羨ましい。凄い綺麗!
    教会の中?あたしもあの紫に照らされてるの好きですよ!写真見て『おぉー!』と声出ました(笑)あとは仮面、見たい!ずっと見てられます(^^;あたし。土器とかも!世界遺産って凄い。店長、旅して良かったですね(^-^)

  2. 文章も写真も腕上がってるね❗
    面白いわ\(^o^)/

  3. すごい仮面コレクションやね。
    民博を思い出した。
    ピカソや、モジリアーニ、ブランクーシも皆んなこの仮面に影響を受けたんだ。写真はRICOHの一眼レフで撮ってるの?。博物館の中も撮影OKなんや

  4. このアイス、120円くらいなんです。Zacatecasにいる間は晩ご飯の後に必ず食べていました。
    ライトアップされた風景は言わずもがな、Zacatecasはメキシコには珍しくごみが全く落ちていません。夜も安心して歩くことができます。
    僕は仮面フェチなので、非常に楽しめました!

  5. ありがとう、宣伝よろしく!

  6. 写真は落ち着いた場所では一眼レフ、走行中や一目の多い所ではデジカメを使用してます。
    この博物館は撮影OK、基本的にフラッシュ炊かなければどこも撮影はいいみたい

沖野直嗣 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です