Stewart~Telkwa 7月19日~7月22日 (60日目~63日目)

7月19日。
RIMG1301
RIMG1302
8時15分起床。朝食後、9時半出発。
この日は来た道を64キロ走り、まずはMeziadin Junctionまで戻らなければならない。
ジャンクションからは、南に進路を取り、PrinceGeorgeを目指す。

Stewartに来た時は下り坂ばかりで帰りが大変だ、と思っていたが、帰り方面も意外と下り坂が多い。
しかし、何故か下り坂でもスピードに乗れない。タイヤが回らない、という感じか。
同じ道は走りたくないと思っていたが、見る角度が変わるせいか、風景を楽しむことができた。

IMGP1836RIMG1308

12時ちょうどにBear Glacierに到着。
RIMG1309
雄大な景色は何度見ても飽きることはない。
この日は平日だからか観光客は全くおらず、この景色を独り占めしながら昼食を取った。
ここからはほぼ上り坂のみ。
13時半にMeziadin Junctionに帰ってくる。
RIMG1311
ここからは南へと向かう。
周りの景色が全く見えない林道に変わる。
この2日間、雄大な景色を見てきたため感覚が麻痺しているのだろうか、全くもって面白くない。
はっきり言って、Meziadin Junction以降のCassiar Highwayは全く見どころがない退屈な道だ。
退屈で気持ちも乗らないというのもあったのだろうが、やはり足が回らない。
いくら前日40キロ弱しか走らなかったとはいえ登山だったわけだし、2週間自転車を漕ぎ続けているから疲労が溜まっているのだろう。

結局80キロ程走った18時頃、Brown Bear Rest Area(Brown Bear=グリズリー・ヒグマ)という停車場で動けなくなった。

本来はRest Areaでのキャンプは禁止なのだが、ここで一晩過ごすことにした。
RIMG1316
晩ご飯を作り、20時にはテントに潜り込む。
1時間程経った頃だろうか、バキバキっと樹を折るような音が聞こえる。
もしや、グリズリーか!?ブラックベアは何とかなっても、グリズリーに襲われたら十中八九、死あるのみ。
熊除けには音を立てるのが良いので、夜通しパソコンで音楽を流すことにした。
そして、疲れているからか僕はすぐに眠りに落ちた。
※今考えてみれば、音が聞こえた時点で撤収すべきだったのかもしれない。
テントの蚊帳越しに、首に何かが押し付けられる。首に風が当たり、フンフンとがうるさい。
熊だ。最悪だ。
はっきりしない意識の中、枕元に置いていたナイフとベアスプレーを手に取り、スプレーの安全装置を外す。
しばらくテントの中で待っていたが、音はなくなった。どうやら去っていったようだ。
ここでハッとなり、意識がはっきりする。時計を見ると深夜1時。
ベアスプレーを見ると安全装置は外れていなかった。
夢だったのか・・・?
それでも首の違和感は残っており、未だに夢だったのか、現実だったのかは定かではない。
ここまできたら開き直るしかない。僕は再度眠りに就いた。

7月20日。
5時45分起床。
RIMG1317
目が覚めた時、テントの蚊帳越しに白い乗用車がRest Areaに止まっているのを見て心底ホッとした。
無事に一夜を明かすことができた。本当に怖かった。
こんな所はさっさと立ち去ってしまいたい。さっさと朝食を済ませ、7時15分に出発。
道はこの日も深い林道で回りの景色は全く見えない。
カリブー注意の標識はよく見るが、熊注意は初めて見た。
RIMG1324

退屈だからか、ぼーっと考え事をしてしまう。
日本の料理が恋しい。蕎麦が食べたい。うどんが食べたい。天ぷらが食べたい・・・

出発した時間が早かったからか、14時半に120キロ先のKitwangaという小さな集落に到着。
RIMG1329
Buttle Hillという小さな丘が唯一の観光スポット。
IMGP1841
RIMG1333
このButtle Hillの側を流れているSkeena Riverは、かつて集落間を繋ぐのに欠かせない航路だった。
そしてKitwanagaでは集落間での紛争が幾たびも起きており、1800年頃にはこのButtle Hillの上には砦が設けらていたとのこと。
小さい丘のため20分程で全て見終わり、キャンプ場に向かう。
RIMG1335
このKitwangaのキャンプ場は無料で開放されているので、ありがたく泊まらせてもらう。
隣にはスーパーマーケットもあるので、少し買い出しをしてテントの中で休憩。
しばらくすると外から「誰かおらんかー?」との声が。

テントから顔を出すと一台の乗用車が止まっている。
民族風のおばちゃんが甲子園の売り子よろしく、クーラーボックスを持って歩いている。
キャンプ場を巡る売り子なんぞ、初めて見た。
おばちゃんはこちらに気づき、近づいてきた。
しまったと思った時には遅かった。おばちゃんはマシンガンの様に話し始めた。

「わたしゃバンクーバーに子どもがおってな、この度孫が生まれたんや。やから旅費が必要なんや。兄ちゃんちょっと見てやこれ、サーモンの燻製やで!興味あるか!?」
「凄いなぁ、でも俺金無いから買えない・・・」
「ちょっと食ってみいさ、これ!」

おばちゃんからサーモンの燻製の欠片を手渡され、試食する。美味い。
「どうや?美味いやろ?」
「美味い。でもごめん、俺金が・・・」
「これはどうや!?サーモンの漬物やで!興味あるか!?」

僕は自転車に掛けていたカバーを取り除け、自転車をおばちゃんに見せた。
「ごめんよ、興味はあるんだけど俺自転車旅行者で金ないんだよ、本当ごめん」
「おー!兄ちゃん凄いな!このキャンプ場他に人おるか?」

あそこにキャンピングカーが止まってるよと教えると、おばちゃんはさっさとそっちの方へと向かっていった。
僕はテントの中にまた戻ったが、その後30分ほどおばちゃんのマシンガントークがテントの中からも聴くことができた。

7月21日。
6時45分起床。
近所のRVパークで水を補充させてもらい、8時半頃出発。
この日は晴天。暑い。
そしてKitwangaから走ること数分、Cassiar Highwayの終着点のジャンクションに辿り着く。
RIMG1342
ヒッチハイク禁止の看板。過去に何かあったのだろうか。
ここからは東に進路を取り、ハイウェイはYellow Head Highwayへと名前を変える。
RIMG1344
RIMG1345
Yellow Head Highwayに入ってからは車通りが多くなり、路肩も広くなった。
しかし広くなったが故か、車は隙間を開けずに自転車の真横をびゅんびゅん通り過ぎていく。
40キロ走り、Hazeltonsに到着。Visiter CenterでWifiを接続し、ネット作業。
RIMG1351
RIMG1352

2時間程ゆっくりして14時再出発。

道路脇には線路が通っている。
するといきなり電車が現れた。
IMGP1844
RIMG1357

貨物列車なのだが、とてつもなく長い。先頭からお尻まで誇張抜きで500メートルくらいあった気がする。
町と町の距離が長いため、1回にできるだけの量を運ぶためだろうが、限度というものがある。

そして目の前には牧草地が広がり始める。
RIMG1359
IMGP1848
アラスカを含め、北米で初めて牧草地を見た。
飼われているのは牛と馬。ニュージーランドを思い出させる風景だ。
しかし、熊出没地帯なのに、食べられたりしないのだろうか。
18時頃、Smithersという町に到着。
RIMG1365
RIMG1372
RIMG1367
予想以上に大きい。
マクドナルドやケンタッキー、なんとセブンイレブンまである。
この規模の町で野宿は不可能と判断し、町はずれのRVパークに。
RIMG1370
このRVパークはゴルフコースの中にテントを張ることができ、かなり気持ちよかった。
7月22日。
7時起床。
8時にスーパーマーケットに行き、食料の買い出し。
久しぶりの大型スーパーにテンションが上がり、ついつい買い過ぎてしまう。
11時に出発。
1時間もしない内に「Cyclist Welcome」の看板が。
RIMG1375
ふらっと立ち寄り掲示板を見ると、小さなキャビンを自転車旅行者に開放しているとのこと。
RIMG1378
中を除くとベッドがある!
RIMG1380
なんとWifiも、シャワーもランドリーもある。
時間は朝の11時半頃。雨も降ってきた。
僕は迷うことなく、このキャビンに宿泊することにした。
この後はネット三昧。ベッドの上でクッキーを貪り、自堕落な時間を過ごす。
極めつけは晩ご飯にうどん。朝の買い出しで我慢できずに購入していたのだ。
RIMG1379
日本での仕事の休日のような日を過ごし、完全に緊張感がなくなり、牙が抜けた狼状態。
翌日以降、進むことができるのだろうか・・・

コメント

  1. 記事がとても面白かった。
    英語が大阪弁で、おばちゃんと会話のやり取りしたんやね!面白い(≡^∇^≡)
    日本に帰って来るかい?
    蕎麦も天麩羅も和食もあるよ(^^)v

  2. 1日50Km~100kmを走るのに、自転車の総重量はどれ位何ですか?
    僕なら空自転車で10Kmでもしんどいのに。

  3. 日本に帰るにはもう少し頑張ってからにしてみます

  4. 自転車だけで18キロ、日本出発前の計測で荷物が25キロ程だったと思います。
    今は水が4.5リットル、食料等を積んでいるので、恐らく45キロ~50キロ程度かと思われます。

  5. おっきー、元気にしてる??
    ブログ楽しく読まさせてもらってます!
    自転車しんどいと思うけど、頑張ってね!
    しんどくなったら、すぐ日本帰ってきてなー(笑)

  6. まっきー!コメントありがとう!俺は元気です!
    まだまだもうちょい頑張ってから帰ろうと思うわ笑
    アジアはずっと先やけどまた情報教えてなー

  7. うどん美味しかったですか?吉牛も食べたいんですか?こっちに帰ってきたら思う存分食べてください!おごりますよ…(笑)
    なので、もう少し頑張って楽しんで下さい(^^)熊と自堕落な生活には気を付けて(^^;牧草地いいですねぇー。自転車はかなりの荷物にビックリです(*_*)あと、何処にでもマシンガントークおばちゃん居るんですね(笑)親近感わきます(^^;

  8. うどん、我ながら最高の出来でした。
    外国の人にもうどんは人気らしく、他の自転車旅行者と2夜を共にしたのですが、うどんを見てテンション上がっていました。
    森林は圧迫感があり、熊の件もあって緊張するのですが、牧草地は大変落ち着きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です